家族だけで見送れることが一番の供養になる

葬儀会場

職人技のクリーニング

仏壇清掃をプロの業者に依頼することで、仏壇が持つ本来の輝きを取り戻すことができます。また、金箔の張替えやお手入れが難しいとされる金仏壇では、職人の技術によって隅々まで綺麗にすることができるのが魅力です。
葬儀会場

クリーニングとリフォーム

仏壇清掃だけでなく、リフォームも依頼することができます。剥げてきた金箔を張り替えたり、蒔絵の塗り直しなどを手作業で実施しています。一度全体をクリーニングした上で、メンテナンスを実施し、その後のアフターフォローも充実しています。
葬儀

仏壇の掃除の基本的な流れ

仏壇清掃をする前には必ず合掌をします。その後、埃を払った後に仏壇の内側から外側に向かって水拭きをしていきます。注意したい点は、水拭きをする場合はしっかりと布巾を絞り、水滴が残らないように心がけることです。
葬儀会場

専門業者に任せよう

普段の清掃の中で中々行き届かない仏壇は専門業者に依頼をしてキレイにしてもらうのもよいでしょう。仏壇清掃を行っている業者もいくつかあるので、チェックをして定期的に清掃をしてもらうとよいかもしれません。それも供養に繋がります。
葬儀

仏壇をきれいにしたい

仏壇清掃を自分でする場合は、毛ハタキやクリームなど掃除に必要な道具を用意してから作業に取り掛かるようにします。業者に依頼する際は電話かインターネットでおこない、その際は高さ、幅、奥行きの寸法を事前に測ってから清掃を依頼する形になっています。

宗教問わずに執り行える

喪服の女性

家族らしい見送り

家族葬が注目されるのは、何も核家族化しているからだけでなく、宗教的要素を含まない考え方であったり、儀礼や慣習などの縛りのない都会派にこそ注目されていることでもあるようです。どうしても、地方(田舎寄り)では、婦人会や商工会など、地元密着の人間関係や交流があります。ですから、通夜も葬儀も必要になります。一方、都会派は人間関係に縛りがなく、プライベートはひとり、という一匹狼という行動派も少なくありませんから、会葬者もいないケースもあるようです。費用も含めて迷惑をかけたくない故人の遺志もあるでしょう。ちなみに、年配の遺族関係者からの受け入れが困難なケースもあってか、生前相談をして、段取りを整えているようです。一般葬儀となれば、会葬の際に混雑にとりまぎれ、不行き届きのことも多くなる可能性も否めないようです。心苦しい気持ちになる、させたくない、そうした意味も含み、終活として選んだのが密葬に近い家族葬なのでしょう。寺院との付き合いがなくなるケースも増えているようで、僧侶を呼ぶという希望に合わない場合に家族葬が選ばれている話も耳にします。家族葬ならば、遺族と親しい方のみで行える小規模な葬儀です。何より注目されるのは、自由形式である点で、先にあげたように故人の遺志のみならず、家族の希望で内容が決められます。ちなみに、家族葬の平均費用は一都三県では100〜120万円ほどです。通夜料理を不要としたり、斎場への交通費や宿泊代も削減できます。何より、自分たちの手で見送る、そうした実感が得られるからこそ、家族葬が選ばれているのも事実でしょう。

Copyright© 2019 家族だけで見送れることが一番の供養になる All Rights Reserved.