家族だけで見送れることが一番の供養になる

仏壇をきれいにしたい

葬儀

きれいな仏壇にするために

仏壇は一度置くと基本的にその場所から動かすことはないので、どうしてもホコリをかぶってしまいがちです。ただそのままの状態にしておくのは良くないので、定期的に仏壇清掃をおこなうのが基本となっているのですが、その際自分で掃除をするなら専用の道具を用意するところから始めます。毛ハタキや掃除用の筆、さらに仏壇の表面に塗るクリームや柔らかい布を用意し、上から下に向かってきれいにします。しかし唐木仏壇であればまだ簡単にきれいにすることもできますが、金仏壇の場合は触るだけでも金箔が剥がれてしまう可能性があります。したがって、無理に自分できれいにするよりも、仏壇清掃業者に依頼して掃除やクリーニングをしてもらうほうが無難だといえます。業者に依頼する際は掃除のための道具などを用意したりする必要は一切ありませんが、事前に申し込みをする必要があります。現在日本全国に仏壇清掃業者がありますが。電話かインターネットを利用すると申し込みをすることができます。その際、仏壇のサイズを伝える必要があるので、事前に高さ、幅、奥行きがどれだけなのかというのを調べておくようにします。その情報を元にして業者のほうが金額を伝えてくるので、それで納得したら業者に仏壇清掃を依頼するというのが大まかな流れです。仏壇清掃作業に関しては、その仏壇がある場所で作業を進めるほか、業者の施設で作業を進めるスタイルもあり、業者によっても違ってきます。

Copyright© 2019 家族だけで見送れることが一番の供養になる All Rights Reserved.