家族だけで見送れることが一番の供養になる

仏壇の掃除の基本的な流れ

葬儀

仏壇掃除で気をつけたいこと

先祖を祀る仏壇の正しい清掃の仕方、知っておきたいコツなどを紹介します。コツさえ押さえれば、仏壇清掃によって心を清めたり、先祖を清潔な場所で祀ったりすることができるので役に立つ情報が充実しています。まず、仏壇清掃をする前には、仏壇に向かって合掌します。これから掃除を始めることをご先祖様に伝えるのです。その後、仏壇の画像をスマートフォンなどで撮影しておきます。こうすることで、何がどこにあったかをいちいち記憶しておく必要がなく、また、忘れてしまうリスクも無いので仏壇の配置がわかるような画像を一枚撮影しておくことを忘れないことです。仏壇清掃を始める前には、窓を開けてからホコリを払うようにします。はたきでバシバシとホコリを払うと破損してしまうものもあるので、毛払を使うようにすると安心です。次に、仏壇の内部を水拭きします。仏壇は傷つきやすいということもあるので、できるだけガーゼや仏壇専用の柔らかい布で服用にします。雑巾などでガシガシと拭き掃除をするのは避けたほうが賢明です。その後、仏壇の外側を水拭きし、仏具を磨きます。最後に、仏壇清掃において注意したい点をいくつか紹介します。まず、水武器をする場合には、しっかりと布巾を絞ってから服用にします。水滴が残らないようにすることです。また、金属製の仏具に関しては、水武器できるものとできないものがあります。判断が難しい場合には、柔らかい布でホコリを落とす程度にしておくと良いです。

Copyright© 2019 家族だけで見送れることが一番の供養になる All Rights Reserved.