家族だけで見送れることが一番の供養になる

職人技のクリーニング

葬儀会場

蘇る仏壇本来の輝き

毎日お仏壇のお水やお花を取り替えていても、なかなか汚れまで気にしている人は多いとは言えません。そのため、気がついた時にはお仏壇はかなり汚れてススをかぶってしまっていたり、金箔が剥がれていたり障子が破れたりと劣化が目立つことがあります。そんな時には、一度仏壇清掃を業者に依頼し、徹底的に清掃を依頼することで仏壇がきれいになるのです。まず、仏壇清掃を利用する目的ですが、隅々まで手の届かないところの清掃を依頼することができるということです。自宅で仏壇清掃をしようとしても、ホコリを払うのが精一杯で、水拭きをしたとしても綺麗に汚れを落とすことができるというわけではないのです。唐木仏壇はまだ水拭きをすることができますが、金仏壇の場合、手入れが難しいのが難点です。素人が下手に掃除をして破損してしまうよりは、プロの業者に仏壇清掃を依頼するほうが、埃やススをおとして仏壇の本来の輝きを取り戻すことができるのです。次に、プロの仏壇清掃業者に依頼することで、新品にも劣らない輝きを取り戻すことができます。この場合、仏壇清掃に加えてリフォームをすることで、仏壇を蘇らせることが可能です。仏壇の細かい破損を修復し、金箔の張替えまで細かい作業を職人が実施します。仏壇は精巧に作られているため、職人でなければリフォームすることができません。仏壇清掃の頻度ですが、10年に1度は大々的なクリーニングが好ましいとされています。

Copyright© 2019 家族だけで見送れることが一番の供養になる All Rights Reserved.